今年は昨年に勝るとも劣らないくらい波瀾万丈な一年でした。大学院には無事入学したのでとりあえず一安心していたが、それが実は一時的休息に過ぎないことを思い知らされたのです。周りの人が順調に人生の軌道に進んでいるのに対して自分はまだまだ彷徨っています。愚かな選択肢を選んでしまったり、自分が不器用なせいで自分や周りに迷惑をかけたりして、たまには自分に呆れるときもありました。もちろん、すべてがマイナスなわけではありません。いいこともたくさんありました。今年は、自信をすべて失くしつつも、少しずつ取り戻そうとしている一年でもありました。

2015 has been a year full of ups and downs. Having entered into Graduate School, I was relieved to at least have a social status, but never did I realize that this was but a momentary reprieve. Looking at friends around me who have proceeded on in life with career successes, marriages and larger purposes, I am still struck with a sense of loss of direction. Who can I blame but my foolish decisions, inability and lack of decisiveness. I stare into the mirror with a numb soul. Of course, not everything went bad. There were some positive light too. This year has been a free fall down into the nadir, but also a slow climb in self-confidence as I continue in my courageous crawl back into life.

まず、今年は人生の中で一番海外に行ったのかもしれません。

First of all, this year has been marked with plenty trips overseas.

IMG_1640

6月の誕生日に久しぶりに一人旅でラオスに行ってきました。旅行の醍醐味である異文化体験を思う存分楽しむために、出発前に昔習ったタイ語を復習しつつラオス語を勉強してから行ったので、現地の人と話したり交流したり誕生日をお祝いしてもらったりしたことが一番の思い出でした。

In June, I celebrated my 28th birthday in Laos. It was my first solo trip in a long time. As I always enjoy doing, I picked a country with a foreign language, revised my long forgotten Thai language and picked up a few Laotian phrases before going. I interacted with the locals with some simple words of the local languages and celebrated my birthday with the locals.

そして、10月に学会で16年ぶりの北京に行き、その後は一人で内モンゴルに行ってきました。内モンゴルは10月ではすでに冬だったので念願の草原などは行けませんでしたが、異文化はたくさん体験しました。言語(中国語)は通じるのに文化が違うのって本当に不思議に思いました。

In October, I went to Beijing for the first time in 16 years for a symposium, and then to Inner Mongolia for another solo trip. Unfortunately I missed the timing to visit the famous grasslands, but I still enjoyed the cultural diversities in Inner Mongolia. It was fascinating to experience a “foreign” culture even though I knew the local language (Mandarin).

2

それから、11月には研究調査でフィリピンのボホール島に行ってきました。人生初めて本当の貧困地域に行きました。しかも、現地で3泊し、現地の人々と話しながら、調査しました。村が2年前の地震以降断水しているし、平均収入が一世帯あたり300円しかない貧困レベルの生活を送っているのに、子供たちはみんな幸せそうでした。災害と貧困、それから幸せについて考えさせられた旅でした。

In November, I went to Bohol Island of the Philippines for fieldwork. It was my first time visiting and staying in such a poor place. I interacted with the people while I did my research. The village I stayed had no running water for 2 years and people lived close to poverty levels, yet the children were always smiling. It made me ponder about the relationship between disasters and poverty, and also the meaning of happiness.

そのほかには、3月に仙台で行われた国連防災会議に関わったことも貴重な体験でした。ピースボートでインターンをしていたので、その一員として参加し、通訳をやらせていただきました。人生初めて、世界各国からの代表が一箇所に集まり、世界が進むべき方向を定め、人々が一丸となって動いているのを目にしました。バングラデシュの政府代表の方、それから関西で研究されている中央アジアとアフリカの方達の通訳をしましたが、初めて自分が世界の様々な人たちと触れ合った気がしました。これがきっかけで、自分も将来、世界を動かすような仕事がしたいなと思いました。

Apart from traveling, I also had other precious experiences, such as participating in the 3rd United Nations World Conference for Disaster Risk Reduction (WCDRR) held in Sendai. I was part of the Peace Boat team and I did interpretation for the representative from Bangladesh and some other researchers from Central Asia and Africa. It was the first time in my life witnessing how people from around the world gathered and came to a consensus to change the world positively. It also made me decide that I would love to engage in such a job in future.

11203157_10153212659240465_5623037735528832411_n

そして、4月にネパールで大きな地震がありました。大きな被害を受けたネパールのニュースを観ていると、自分も何かせずにはいられませんでした。そこで動き出しました。たまたま知り合ったネパール人の友達と東京大学の五月祭で募金活動をやりました。限られた時間の中で行ったにもかかわらず、わずか2日間で43万円以上を集めることに成功しました。震災後の復興のためにお金を集めたのも嬉しかったが、それより初めてネパール人の友達ができた喜びのほうが大きかったかもしれません。

In April this year, there was a gigantic earthquake that destroyed many parts of Nepal. Back then, I had an impulse to help but could not do anything. Eventually, I managed to gather some Nepalese friends and we did fund-raising at the school festival of the University of Tokyo. With the help of many volunteers and friends, we managed to raise more than 430,000 yen in two days. Besides being able to raise funds for the disaster recovery, the friendships forged was absolutely priceless.

1

今年の一番大きな出来事といったら夏のピースボートクルーズです。70ヶ国以上の1000人ぐらいの乗客と一緒にピースボートの世界一周旅行に出ました。私は横浜→セブ島→シンガポールまでの短い10日間の旅でしたが、インターネットや携帯電話が繋がらない船内生活、世界中の人が集まる小さな村生活は人生を変えたといっても過言ではありません。人との触れ合いを学び、真の国政交流を学びました。

The single most memorable experience this year was the Peace Boat Cruise that I took part in summer. More than 1000 participants from over 70 countries joined this global voyage. I only took part in the short 10-day cruise from Yokohama to Cebu to Singapore. But it was enough to change my life. Living on the ship without Internet and phone for 10 days made me appreciate human connections better and interacting with people from virtually the whole world on the same ship was life-changing.

12118998_10156125043615203_8262279124155885431_n

OLO

S__49348613

今年はそのほかには、たくさんの出来事がありました。持続可能な開発のための教育(ESD)のユースカンファレンスに唯一の外国籍の参加者として参加させていただきました。そして、なによりも友達がたくさんできた一年でもありました。今年出会った友達一人一人に感謝したいぐらいです。この友情を大切にしていきたいです。

I also took part in the Youth Conference for Education for Sustainable Development (ESD) as the only non-Japanese participant. Above all, I forged many new friendships this year. It was a year of new friendships and camaraderie. I will treasure this friendship for a lifetime.

今年は本当にたくさんの方々にお世話になりました。来年も飛躍的な一年になりますよう、精一杯頑張りたいと思いますので、温かい目で見守っていただきながら、何卒よろしくお願い申し上げます。

2015 has been a great year. Let’s make 2016 an even better one!

Advertisements