12118998_10156125043615203_8262279124155885431_n

10月10日、11日の2日間、ESD(Education for Sustainable Development: 持続可能な開発のための教育)のユースカンファレンスに参加してきました!持続可能な開発(Sustainable Development)は特に今年、ミレニアム開発目標(MDGs)に代わり持続可能な開発目標(SDGs)がつい数週間前に採択されたことで、非常に注目されているキーワードの1つです。日本全国から集まったESDに関わっている50人の1人として参加させていただきました。しかも、大変恐縮なことに唯一の外国籍の参加者ということで、本当に光栄の至りでした。

I took part in the Youth Conference for Education for Sustainable Development (ESD) over the past two days (10, 11 October). A total of 50 participants came from all over Japan, congregating in Fuchu City, West Tokyo, for a rigorous two-day workshop on the hot topic of ESD. This year marks the official adoption of Sustainable Development Goals (SDGs) that will take over the Millennium Development Goals (MDGs) with the summit held just a few weeks ago. I had the greatest honour to be the only non-Japanese participant in this conference.

ESDとは何かという疑問を持たれる方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、この世界の限りある資源を未来のために残しつつ、現在のニーズを満たす開発をするための教育です。簡単にいうと、現在ばかりでなく将来のことも考える教育です。

ESD is rather ambiguous and vague as a concept. It basically means education that allows us to meet our needs today without compromising the limited amount of resources in the world for the future. Or to put it simply, it is education that thinks for the future.

IMG_1921

今回のメンバーの中に、小中高校で教えている先生方をはじめ、NGO活動に積極的に参加している大学生、教育関係またはUNESCO関係のNGOで働いている方々などがいました。それぞれの分野でそれぞれの方法でESDの実践をしています。ESDはありとあらゆるの形で表現、実行することができます。例えば、フェアトレード、多文化共生、エネルギー問題、環境問題、難民問題、紛争問題、平和構築などを教えることによって、貧困・飢餓を撲滅し、再生可能なエネルギーを生産し、紛争を防ぎ平和を手に入れ、最終的には人の命を救いながら50年、100年後にも今と同じような資源を残すことができます。その他には、多角的視点を育むこと、異文化理解を促進すること、メディアリテラシー(あるメディア・情報を信頼できるかどうかを判断する能力)を高めることなどもESDの一部です。

Among the members this time, we had primary, secondary and high school teachers, university students who actively participate in NGO activities, people working in education industries or UNESCO-related organizations and so on. All the participants are contributing to the implementation of ESD in one way or another. In fact, there isn’t a fixed method of implementing ESD, rather it evolves in a myriad of forms according to the fields. For example, learning about fair trade, multicultural understanding, energy problems, war and peace, refugee problems, hunger problems, poverty etc. are a way of practicing ESD. Understanding these problems not only allow us to save lives, but also preserve our resources for the future by preventing extreme climate changes and increase in the frequency and intensity of disasters. Other ESD methods include teaching how to look at a certain problem from multi-perspectives and improving media literacy (the ability to accurately interpret media and information).

やはりESDは大人になってから教えるのではなく、むしろ子供の頃にESDを教える必要があると思います。小学生に戦争や貧困などの話をすると、とても重くなるので、そういう重い話題でなくても、子供達に好奇心を育んだり、色々な観点から物事を見たり、他の人と仲良くできる術を身につけたり、異文化を理解したりすることが非常に大切だと思います。そういうスキルを若いうちに身につくと、大人になってから固定概念に束縛されず、更に色々なことが頭に入りやすく、多角的視点から物事を分析することができるようになります。ESDは今までないような教育なので、ある意味大きな革命、またはパラダイムシフトです。

ESD doesn’t have to start from adults. In fact, it would be ideal to start ESD from young. Inculcating such skills and knowledge from a young age will give the child a broader mindset, key interpretative skills and soft skills such as peaceful dialogues and inter-cultural communication. ESD is a totally new form of education. In other words, we have to create a revolution in education, or a paradigm shift in the way we view our world through education.

12092507_649209501848116_1895539367_n

今までの教育は、科学、社会学、経済学、地理、歴史などといった科目を別々で習う仕組みでした。環境のことを考えずに経済成長と科学進歩を求める結果、現在の環境問題や気候変動の問題に直面しているわけです。持続可能な開発というのは、社会と経済と環境をバランス良く保つことです。ESDはそのための教育です。

In our education system today, we are learning science, social studies, economics, geography, history and so on, separately. It is because of this, that we focus too much on economic development and technology advancement, leading us to neglect the environmental and biodiversity aspects of it, creating environmental and climate change problems. Sustainable development is to achieve development through the balancing of society, environment and economy. ESD is the education that acts a tool to achieve that.

実は、日本には持続可能な開発に必要な思想を持っていると思います。自然を大切にする古来の思想、里山資本主義、それからもったいない精神などは、日本の伝統的な思想だと思います。なので、日本人はそういった古来の思想を一度思い起こせば、きっとこの世界は大きく変わるのではないかと思います。

In fact, I believe that traditional Japanese ideologies and mindsets are extremely important in achieving sustainable development. The traditional Japanese mindset of respecting the environment, recycling and effectively utilizing natural resources, as well as the tendency not to waste, are essential in ESD.

IMG_5453

2日間は本当に美味しくて贅沢な食事をいただき、広い部屋に泊まらせていただき、そしてなによりとてもパワフルでポジティブで元気のある方々に出会い、たくさんの刺激を受けました。この世界の未来のために、これからもESDを発信し、実践していきたいと思いました。

It has been an extremely enriching two-day workshop, having absolutely delectable meals, having the luxury of staying in a nice hotel room, and most importantly, having the opportunity to meet such active, positive and inspiring people!

Advertisements