aIMG_1534 The Hyogo Framework for Action set in 2005 has been replaced by the latest Sendai Framework for Disaster Risk Reduction (DRR) that was discussed rigorously over the past 5 days in Sendai. I had the honour to be part of this huge project (including the Global Conference on DRR for Civil Society), as an intern with NGO Peace Boat. Over the past 5 days, I have had some of the most memorable experiences in my life, meeting and talking with people from all over the world, and all walks of life. Let me share some of the things I learnt.

この5日間に亘って各国の政府代表団と首脳をはじめ、多岐にわたる市民社会団体の代表と関係者が徹底的に議論し、兵庫行動枠組の後継ぎになる、仙台防災枠組が採択された。ご縁があって、今インターンシップをしているNGOピースボートのおかげで私は今回の大イベントに参加させていただくことができた。この5日間で本当に幅広い国々と職種の方々と会い、色々お話をし、人生で5本の指に入るぐらいいい思い出ができたといっても過言ではない。ここで、私が学んだことをいくつか紹介したいと思う。

1. What I Learnt from Saidur Rahman from Bangladesh ( バングラデシュのサイドゥル・ラーマンさんから学んだこと) aIMG_1594 My home country, Singapore, has more than 80,000 Bangladeshi living and working as foreign workers. Unfortunately, I must admit that most Singaporeans do not have a very positive image of Bangladesh, partly due to the fact that most of these Bangladeshi working in Singapore work at construction sites, which is non visible to the society, and has a rather negative image of being dirty and dangerous.

私の母国であるシンガポールには、8万人以上のバングラデシュが住んでいる。しかし残念ながら、そのほとんどが工事現場で働いている労働者のせいか、シンガポール人が持つバングラデシュに対するイメージはさほどよくない。いや、むしろ無関心かもしれない。 aIMG_1581 However, Saidur Rahman, an expert in disaster risk reduction in Bangladesh, who also happens to be a representative of the Bangladesh government in this World Conference, completely changed my image of the country. I had the greatest honour of being his interpreter during his presentation at the Global Conference on DRR for Civil Society, and had many chances to talk to him about disasters, both in his country and the world.

しかし、このバングラデシュに対するネガティブなイメージは今回の防災会議でサイドゥルさんとの出会いで一瞬にして払拭された。サイドゥルさんはバングラデシュでは災害において第一人者であり、今回の国連防災世界会議にも政府代表団の一人として出席している。なにより、サイドゥルさんの人間性と優しさに惹かれた。私は今回ご縁があり、市民防災世界会議のイベントでサイドゥルさんの通訳をやらせていただくことになった。サイドゥルさんとの打ち合わせ、または発表後のおしゃべりで、バングラデシュと世界の災害について、それから色々な話をすることができた。 aIMG_1547 He started the presentation with some interesting statistics. When the United States (in Florida) and Bangladesh experienced cyclones of similar intensity, the numbers of casualties of the two cases were extremely different. Bangladesh suffered about 140,000 deaths whereas Florida suffered only 13 deaths. What causes this gaping disparity? What is the real cause of disasters?

プレゼンの最初にとても面白い統計データを見せてくれた。アメリカのフロリダ州とバングラデシュが同じ強度のサイクロンを被災したことがある。しかし、その二つの災害における犠牲者の数字が全然違うことがわかった。バングラデシュでは14万人の犠牲者を出したのに対して、フロリダ州ではたったの13人。この差は何だろう?本当の災害とは何だろうか?

“I have lived in Bangladesh for so many years, and experienced many cyclones, but I have never been once affected. That is because I belong to a different social class. People in the lower social class suffering from poverty are the ones most affected. To them, the real disaster is not the cyclones, not the floods, but poverty. We have been focusing so much on humanitarian aid in disaster management, but that only traps them in the vicious cycle of poverty. If humanitarian aid is the correct solution, why haven’t we seen any changes over these past tens of years? What we need to do is to empower them to break away from the vicious cycle. Empowerment and belief is what we need.”

”私はバングラデシュには何十年も住んでいて、サイクロンを何回も経験したことある。しかし、一度も影響されたことない。それは、私は違う社会階層にいるからだ。貧困層の人々は本当の被害者なのだ。いや、本当の災害はサイクロンでもなく、水害でもなく、地震でもなく、本当の災害は貧困だ。しかし、私たちは今までずっと救援活動で救援物資を送り続けてきた。何十年も救援活動を行ってきたが、現状は何も変わっていないのはなぜだ?いや、むしろ貧困層がますます災害に脆弱になっていく。救援活動は彼らを貧困の悪循環に閉じ込めるだけだ。彼らに必要なのは、救援物資ではなく、エンパワーメント(物事を変える力・権利)と信頼だ。”

2. The Importance of the Role of Civil Society and International Cooperation of Civil Societies(市民社会の役割、それから国境を越える市民社会の恊働の大切さ)

What made this whole conference different from the previous frameworks, or in fact any other international frameworks, is the heavy involvement of civil society this time round. Perhaps contrary to the conventional realist and neo-realist theories of international relations, I believe that the paradigm is shifting towards a world with “common but differentiated responsibilities”, not just among countries, but among the people regardless of their nationalities.

今回の防災会議と前回の会議との一番の違いは、市民社会の参画だった。いや、防災会議に限らず、市民社会の役割を取り入れた国際的な枠組みでは今回で初めてなのではないかと思う。これまでの国際関係論から脱却し、国家中心の世界から、「共通だが差異のある責任」を持つ国と国民の世界に変わっていくだろう。 11037570_824284597619871_4355261071433637598_oThis time, we had many guests from around the world, including Lalumbe Makuya from South Africa and Rahmadani from Aceh, Indonesia etc. All of them spoke about their experiences during and after the disasters they faced.

今回は世界中からゲストスピーカーをお招きしている。南アフリカのラルンベさんやインドネシア、アチェのラマダニさんなどといった防災の分野において活躍している第一人者がそれぞれの経験を語ってくれた。

“We must not wait for the governments to take action. We must do what we can”

”行政が動くのを待ってはいけない。できることは速くやらなきゃ。”

In South Africa, because of the huge discrepancy in economic and social terms within the country, the government does not invest money in DRR. This is precisely why international NGOs and the local people have to cooperate and deal with it by themselves. This applies not just to DRR, but many other aspects like poverty alleviation because of political issues, such as corruption.

南アフリカでは、国の中には社会的・経済的な差異があるため、政府は防災にお金を投資しないとのこと。だからこそ、国際NGOや現地の人々は協力し合い、自ら取り組まなければいけない。これは防災に限らず、貧困脱却などといった問題にも通用する。国では政治的な問題などがあり、政府では解決しきれないところは、国民自身がやるしかない。

3. The Future is Bright(未来は明るい) IMG_1609 On the last day of the World Conference for Disaster Risk Reduction, I took on an interpreter role for international postgraduate students on a tour in Ishinomaki, one of the worst hit costal regions during 311. The students were from Afghanistan, Rwanda, Cote d’Ivoire and Kenya. We used a pretty advanced application as we toured around the city, learning about what happened before, during, after the disaster, and what is going on now and what beholds in the future.

今回の防災会議の最後の日に、神戸の大学院に留学している優秀な留学生を石巻の案内通訳をさせていただきました。アフガニスタン、ルワンダ、コートジボワールとケニヤから来た留学生で、最先端の技術を活かしたアプリで町歩きをしながら、震災前、震災直後、現在とこれからのことについて色々話を聞かせていただきました。

One of the post graduate students from Cote d’Ivoire was scrutinizing the application all the while. When I asked him what he was looking at later, he told me that he wanted to create a similar application in his country. Cote d’Ivoire historically does not have natural disasters. However due to climate change, it started to experience irregular climate patterns leading to disasters in the past 10 years. Since it never experienced such disasters, they never had any hazard maps, so he thought of using the technology he found in Japan and applying it in his country.

コートジボワールの大学院生の一人がずっとアプリを分析するかのように見ていた。後々聞いてみたら、こんな素晴らしいアプリを自国でも作りたいとのことだった。コートジボワールはもともと自然災害があまりない国だったが、近年の気候変動によってここ10年自然災害に遭うようになった。もともと災害の国だからハザードマップやリスク管理などは整っていないので、日本で出会ったこの技術を活かして自国の災害管理に貢献したいとか。 11071177_10153151498496575_259988556_o And finally, on a personal level, I met people from all 6 continents (excluding Antartica) in the world over this past week. I was especially enthralled to meet people from regions whom I have little contact with in my daily life, such as African countries like Rwanda, Cote d’Ivoire, Kenya and South Africa to Central Asian countries like Afghanistan and Nepal, to South/ Central American countries like Ecuador, Chile, Colombia and Costa Rica.

最後に、個人的にもとても充実した1週間を過ごした。6大陸の人々と出会うことに感謝している。特に、普段日常生活で接触のない国々の人と色々お話ができて嬉しかった。ルワンダ、コートジボワール、ケニヤ、南アフリカなどといったアフリカ諸国、アフガニスタンやネパールといった中央アジア、それからエクアドル、チリ、コロンビア、コスタリカなどといった中南米の国々は特に嬉しかった。 11064279_10153151497466575_575029429_o

Advertisements