今日はボランティア活動の初日で、朝にボランティアの皆さんがぞろぞろと集まってきて、気軽に話しかけてみたら、前日の夜行バスで来た人が多かったみたい。

全員が色々なグループに振り分けられた。俺は山形の玉こんにゃくチームになって、キッチンでこんにゃくを洗って串に刺す作業を2時間ぐらい続けていた。最近山形県で起きた豪雨の災害救援のため、今回の石巻川開き祭りで山形県の玉こんにゃくを売ることになったそうだ。

グループの中には、給食のシェフ、アメリカに引越ししてから4年ぶりに日本に戻ってきた日本人、現役大学生などといった、幅広い背景を持つ人々がいた。年齢もバラバラで、大学生3年生から50代の方まで、経験者から初心者までいた。でも、ピースボート災害ボランティアセンターの参加者はリピーターが多いらしく、何回もピースボートを通してボランティア活動に参加している人もいた。

こんにゃく作業は意外に早く終わり、チームの皆さんと町に出てお祭り前夜祭の様子を見てきた。

aIMG_0997ほやほや学会という団体がとても面白かった。石巻では昔から日本全国の生産の8割を占めていたらしい。キムチを作るのにホヤが欠かせない材料だったことから、日本で養殖されたホヤの殆どは韓国に輸出されていたとか。ホヤの養殖はだいたい3年かかるので、震災が起きて3年が経って、放射能問題で輸入が止められて出荷先がなくなったという。ホヤをもっと国内で広めようということで今回の川開き祭りでホヤを積極的に宣伝されることになった。

aIMG_1002神戸大学大学院の建築学科の生徒の皆さんが作った震災前の石巻市の模型。現地の方々に自分の思い出などを語ってもらい、実際模型に書いてもらうという活動だった。

aIMG_1010日和山を3年ぶりぐらいに登り、石巻の景色は変わったなと思った。

aIMG_10173年前は瓦礫だらけだったけど、今は瓦礫がすべて撤去され、緑も増えた。

aIMG_1018

石巻の門脇小学校の裏でベーグルを売っている小店。

aIMG_1019

ある展示で見た写真。私が3年前に初めて石巻に来たとき、まさにここの神社の例大祭のために瓦礫撤去をやっていた。なんだか感慨深いな。

aIMG_1027夜はボランティアのみんなと灯籠流しを見ながら、花火を堪能した。明日は一日玉こんにゃくを売るので、気合いを入れて頑張ります!

 

Advertisements