6月7日に無事27歳になりました。

たくさんの誕生日メッセージ、それから前回のブログへのコメントをいただき、本当にありがとうございました。

前回のブログは確かに少し落ち込み気味だったけど、それより新しい歳になってからの抱負と覚悟のほうが強かったつもりです。

ということで、失われた20ヶ月に終止符を打とうと、今新しいプロジェクトを始めようとしています。そのプロジェクトの正式発表は来週になりますが、それに控えて私の近況報告をさせていただきたいと思います。

今までの私は「なんでもできそう」とよく言われてきました。そのせいか、私は本当に何でもできると、自分でも信じてしまったのです。なにかひとつのスキルに特化してやるより、幅広く浅く活動してきました。英語でいうと「Jack of all trades, Master of none」ですね。

なので、何かのチャンスをいただくと、躊躇したり遠慮したりするより、すぐ受け止めてしまうクセがあったのです。「なんでもできそう」なので。

でも、人生ってそんなんじゃダメなんだって最近わかってきたのです。自分が本当にやりたいこと、やり甲斐があること、やるべきことをもっと早く知っておけば良かったです。

なので、今は自分が本当にやりたいこと、やり甲斐があること、そして自分がやるべきことに集中してやることにしたのです。

デニスって今なにしてるの?って最近よく聞かれます。

そうですね・・何回も転職して、今なにをしてるか、聞くことさえも気まずいかもしれません。なので、私のことをまだ覚えてくれている皆さんに近況報告したいと思います。

・10月に東京大学大学院情報学環学府(ITASIAプログラム)に入学

・麻布十番にあるシンガポール料理屋でアルバイト
やっぱり日本に住んでいるシンガポール人として、自分の国であるシンガポールの料理をはじめ、シンガポールのことを日本で広めることは自分の使命でもあるのではないかと思います。来るお客様もシンガポールとはなんらかの繋がりがあるので、おしゃべりするのも楽しいし、日本でシンガポール料理を日本人に紹介したり提供したりできることは光栄に思います。

・株式会社和えるの英語翻訳

・8月に10ヶ国から集めた10人を東北の南三陸に連れてスタディツアーを行います。そのために来週からクラウドファンディングで資金調達します。
ご周知のとおり、東日本大震災後に私は少しながらボランティア活動やら復興支援の活動やら色々やってきました。しかし、震災から3年、復興はもちろんのことですが、それよりその復興活動に伴う持続可能な社会作り、それから古き良き里山の再生に個人的に注目しています。日本だけでなく、世界からも違う視線で東北を見始めているのではないかと思います。

8月には現地の団体と組んで、10ヶ国から集めた非常に優秀な10人の外国人と一緒に南三陸の現地の方々から、現在の問題と、復興や地域活性化に繋がる現在の活動について勉強してきます。

このプロジェクトについてまた近々公開しますが、是非注目してください。そして、発表されたら是非拡散したり、支援したりしていただけたら幸いです。

こんな私ですが、これからも何卒よろしくお願いします。

Advertisements