IMG_0527 のコピー

りくカフェは陸前高田市役所・駅から徒歩10分ぐらいのところに密かに佇んでいるお洒落なコミュニティーカフェです。震災後に、自らも被災した地元の医師たち、地域の女性たち、建築・まちづくりの専門家たちが集まってNPO法人を設立し、現地の人が誇りに思える場所、それから集える場所を作った。

りくカフェができてから2年、今は定期的にライブや習い事など、幅広い活動を開催していて、まさに地元の人の憩いの場になっている。ネットで読んでから是非一度お伺いしてみたいなと思った。

しかし、石巻から陸前高田までの道のりは長かった!まずは石巻から前谷地までJR電車で行って、前谷地で乗り換えて柳津まで。柳津からはBRTに乗り換える。BRTという震災後にできた「バス・ラピッド・トランジット」という、震災で壊れた鉄道を舗装して、バス専用道を作り、そこで電車の代わりになるバス高速輸送システム。

IMG_0506 のコピー

BRTで柳津から気仙沼まで行って、気仙沼でまたBRTの乗り換えで陸前高田までという、長い道のりだった。石巻から陸前高田までの移動時間は合計4時間半!

陸前高田に着いてから、りくカフェへと向かおうとしたが、まさか反対方向に行っちゃって迷子になった。Googleマップで現在地を確認してから再び目的地へ。今度は無事着いた。

IMG_0531 のコピー

りくカフェに入った途端、お店にいた女性3人が温かく出迎えてくれた。「いらっしゃいませ」と挨拶してから、「どこからいらっしゃったの?」と声をかけてくれた。東京在住のシンガポール人ということで、話題に花が咲いた。

IMG_0530 のコピー

お店にはオリジナルブレンドのコーヒー豆や、地元の名産品や雑貨、全国から集まったおいしいお菓子などを販売している。飲み物は300円で、パソコン(コンセント)の利用は飲み物付きで500円。

IMG_0528 のコピー

暫く経ってから、他のお客様も入ってきて、誰もみんなフレンドリーで、私も交えてみんなで楽しく会話した。

地元の新聞記者、隣の歯医者さん、デザイナー、それから大学教授、職業もばらばら。

そして、驚くべきことに、その大学教授の話をちらっと聞いたら、なんと私が今年10月に入学する予定の大学の同じ研究科の教授だった!しかも、私の指導教員もご存知だということ。

よく陸前高田のこのカフェで会ったなと、とても不思議だった。暫くおしゃべりしてから、また10月からよろしくねと、最後の挨拶を交わし、カフェを後にした。

旅の面白さって、準備していた計画通りに行くときではなく、予想外なことが起きたときに待ち構えているサプライズにあると思う。

Advertisements