1人で想像を膨らませて考えるより、積極的に動いて、話を聞いたほうがいいということで、東北にやってきた。3月31日に久しぶりに高速バスに乗って仙台に行って、カプセルホテルに泊まりながら、昨日は知り合いに宮城県で活躍されている方々にご紹介をいただいた。

IMG_0436 のコピー

まずは、色々なNPOを支援活動をしている一般社団法人MAKOTOの代表竹井さんにお会いして、色々な話と貴重なアドバイスをいただいた。

やるなら、めっちゃインパクトのあるものにしなさい。中途半端に終わるならやめたほうがいい。趣味程度でやってもいいけど、みんなを交えてやるなら、ちゃんと結果が出るまで続けないと、皆さんの時間が無駄になる。

最終目的がまだ見えていないのに、先に動いちゃったせいか、あまり自信を持って言えないが、中途半端には絶対終わりたくない。

ちなみに、仙台市内にあるCOCOLINというコーワーキングスペースはめちゃくちゃお洒落だった!

IMG_0439

そのあと、仙台の南に位置する亘理町に行った。亘理町も震災の時結構被害を受けたのに、あまり報道されていないらしい。そこにも、みやぎのあられというあられの店と、着物の生地で巾着やストラップを作るWATALISという一般法人。

IMG_0446 のコピー

みやぎのあられの家族の皆さんで温かく出迎えてくれて、それからお餅やあられまでいただいた。自宅でついたお餅を出されたので、とてもツルツルしてて美味しかった。ごま、醤油海苔、納豆など、様々な味を出してくださった!

IMG_0445そして、あられの説明とその過程も細かく説明し、蔵やビニールハウスまで案内してくださった。都会育ちの私にとってはとっても面白い体験だった。

IMG_0448 のコピー

それから、WATALISの引地代表もとても情熱的で、WATALISのふぐろの話を聞かせていただいた。かつて亘理に暮らす人たちは、感謝の気持ちをあらわして、相手になにかを手渡す時には、着物の残り布で仕立てておいた〈袋〉に入れていたそうだ。 特に定まった呼称はなく、今でも「ふくろ」がなまって、ただ「ふぐろ」と呼ばれるようになったとか。

IMG_0455 のコピー

しかも、「ふぐろ」作りで余った部分は捨てずに、亘理町の名物である「いちご」の形をしたストラップに作った。これぞ、日本のもったいない精神。

IMG_0440 のコピー昨日の夜は河北新報と宮城の王国の方々を食事をし、今朝は河北新報の本社に訪問してから石巻にやってきた。

2年ぶりの石巻市もとても感慨深かった。2年前とは雰囲気が全然違ったし、とても意識の高い方々が集まって、石巻市をとても面白い町にしようという動きがあって、これからもどんどん変わっていくだろうな。

IMG_0478 のコピーISHINOMAKI2.0という、本当に面白い団体の方ともお会いしてお話を伺った。不動産屋、飲食店(復興のバー)、IRORI石巻(コーワーキングスペース)などなど、幅広い活動を通して、本気で石巻を変えようとしている皆さんの会話を聞いただけでもとても刺激を受けた。今日も、当たり前のようにテレビの取材も受けていた。

私には何ができるか、まだ明確ではないが、周りには助けてくれそうな人がいっぱいいるので、本当に何かできたらなと思う。

明日は女川町で、明後日は気仙沼、陸前高田に行こうと。

Advertisements