今日はバレンタインデーです!ということで、シンガポールのバレンタインデー事情を教えちゃいます。

Valentines-Day-Wallpaper-With-Chocolates-And-Roses日本では、バレンタインデーには女性が男性にチョコを上げるのが普通ですよね。そして、その1ヶ月後のホワイトデーには、男性から女性へお花などを上げます。

実はシンガポールには、ホワイトデーがないんです!つまり、バレンタインデーには、男性と女性がお互いに上げるのです。響きが悪いですが、「物々交換」みたいなものですかね(笑)しかも、義理チョコとか本命チョコとかもないので、相手がどういう気持ちなのか自分の想像で楽しんでみてください。

シンガポールでは、男性からはお花・風船・カードなどを上げる人が多く、その一方、女性からはチョコレート・カードなどを上げるのが一般的です。もちろん、最近ではお洒落なレストランで食事をしたり、サプライズを計画したりする男性なんてもいます。女性を喜ばせるのがますます難しくなりますね(笑)

そして、今年のバレンタインデーには「バケーション(Vacation)」ならぬ、「ステイケーション(Stay-cation)」が流行っているみたいです。ステイケーションは所謂「国内旅行」みたいなものです。シンガポールは狭くて国内旅行はできません。海外に行くのにお金も時間もかかるし、国内の高級ホテルに一泊泊まるというのがシンガポールならではのステイケーションです。今年のバレンタインデーは金曜日なので、ステイケーションはちょうどいいですね!

今年のバレンタインデーにはもう遅いのですが、シンガポールでデートされるチャンスがあれば、以下のお洒落レストランで食事でもしてみてはいかがでしょうか?

1Altitude-Bar

シンガポールのシンボルであるマリナベイサンズを含め、シンガポールの街を鳥瞰できるOne Altitudeという屋上にあるバー。

jingマリナベイサンズの向かい側に佇む、JINGという広東料理のお洒落レストラン。

ではでは、いかがだったでしょか?今年バレンタインデーを過ごせなかった人は来年こそ、過ごせるように今から頑張って恋人を探してみてください!

Advertisements