1495212_10151745347267115_1693144545_oシンガポールに住んで20年、こんな光景は一度も見たことない。

最近、シンガポールへの移民が急増していて、それに対して不満の声も多い。もちろん、全員に対してではないが、移民による犯罪や事故が近年驚くほど増えているのは事実。シンガポール国民のかつて安全で綺麗な母国が、一瞬にしてこう変わったことに対して、怒りを覚えるのもおかしくない。

2年前に、中国国籍の人が一般道路で高級車フェラーリで赤信号を無視して時速200キロ以上出して悲惨な交通事故を起こして、自分を含めて4人が亡くなった。こういったニュースは確か、6年前は滅多に聞いたことすらなかったのに、最近はよく耳に入ってくる。

この暴動は、夕べ、リトル・インディアという、インド人が集まる街で起きた。一人のインド国籍の男性が道路を渡っているときに、私用のバスに引かれて病院に搬送されたが、亡くなった。その直後に、その事件に対して不満が爆発したのか、暴動が起きてしまったのだ。

周りの椅子やテーブル、ゴミ箱やビンなど、手当たり次第にものを取って投げ始め、警察や救急車が現場に着いたときは、車ごとひっくり返されたりもした。ネットでこのニュースを見たときに本当に愕然とした。

そして、この事件に関わったのは27人の南アジアの人で、シンガポール人は一人も関わっていなかった。それもそのはず、シンガポール人は自分の国の法律をよく知っている。こんなの犯したらただで逃げられないだろう。シンガポール人はどんなに文句はあっても、こんな極端な行動には移さないだろう・・・(それとも変わってきてる?)

日本はこんなにも外国人や移民を拒否していることを、少しわかった気がする。でも、これからの成長には移民が必要になってくる。移民と国民の温度差が激しすぎると、ズレが生じてしまう。そもそもこの事件の原因は何だったのか?政府に対する不満?他民族に対する怒り?解釈は様々あるが、とりあえず様子を見て少しずつ分析するしかない。それから、こんな民族(?)暴動が二度と起きないように対策を打たなきゃいけない。

シンガポールでは、シンガポール国籍の人と外国国籍の人の間には色々な議論や問題があり、シンガポールの更なる成長はもしかしたら、この問題に対する解決法にかかっているかもしれない。

Advertisements