最近ネット上で話題となった事件です。

シンガポールの若者が自由に告白したり愚痴ったりするFacebookページがあるのですが、そこで一人の女性が次の投稿をしたのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は今の彼氏とはもう1年近く付き合っている。彼は背が高くて、マッチョで、頭が良くて優しくて、彼氏の理想像には限りなく近い。ただ、ひとつだけ気に食わないところがある。彼は節約しすぎなの(ケチ)。いや、私は金持ちの男と結婚したいわけではない。愛情はお金では計れないこともよくわかっている。(中略)

しかし、この前の私の誕生日のお祝いは本当にがっかりだった。私の誕生日祝いには「寿司亭」(シンガポールにあるちょっぴり高級な日本料理レストラン)に連れてってくれて、そして手作りのカードをくれたの。こんな祝いは私にとってあり得ない。だって、寿司亭だよ?!寿司亭は友達と行くのはいいんだけど、誕生日祝いどころかデートに連れて行くような場所じゃないよね?そして、誕生日プレゼントがなくて、ただの手作りカード?まあ、手作りのはいいけど、プレゼントがないなんて信じられない。ただのケチじゃないの?

周りの女友達がデートで彼氏に高級レストランに連れてってもらったり、高いものをもらったりするのを見てとても羨ましい。なんで私の彼氏にはできないの?私は彼氏の誕生日プレゼントなどには結構お金を使っているのに。

私は彼氏のことを愛しているが、彼のケチなところを一生我慢しなければいけないと思うと、ちょっと迷うの。この恋愛は私にとってとても大事だから、仕方ないかもしれない。人生はこういうものさ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これがシンガポール男子(それから女子も)から批判のコメントが殺到し、ネットで炎上してしまった。

そして、話題の「寿司亭」はどういうレストランなのか、写真をご覧ください。

aphoto92017

もちろん、カウンター席だけでなく、ちゃんとしたテーブル席もある。メニューは寿司のほか、鍋やすき焼きなど種類が幅広い。てか、結構高級じゃないかい!

私はシンガポールの寿司亭には2、3回ほど行ったことある。料理は美味しくて、値段はリーズナブル(日本の感覚だと、普通の食事が800円だとして、ここが2500円ぐらい)。確かに、「高級」ではないが、充分いいでしょう!「愛情はお金では計れない」とか「お金持ちの人と結婚したいわけではない」とか、自分で言ってるくせに、結局彼がケチだと言う。

言うまでもなく、シンガポールの女子はみんなこんなんじゃない。でも、日本の女性と違うのは、シンガポールの女性のほとんどは男性と同じ社会で戦わなければいけない。シンガポールはいわゆる男女平等社会です。そして、「上下関係」や「敬語」のない実力社会です。というのは、いい意味でも、悪い意味でも、シンガポールの女性は強いです!恋愛においても勉強においても、妥協しない、完璧を求めるのだ。←ちょっと言い過ぎかなw

シンガポールは独立してから経済発展が留まることを知らない。それに伴い、金持ちが増えている。それから、若者の多くはお金のために必死になっている。アメリカンドリームはみんなよくご存知だと思うが、シンガポールドリームはご存知でしょうか?シンガポールでは、成功の証は5つのCからなっている。

Condominium(高級マンション)、Car(車)、Credit Card(クレジットカード)、Cash(現金)、Club(クラブのメンバーシップ)

この5つのCを手に入れるために必死に仕事する若者が急増している。そして、いつの間にかシンガポールの女性の「彼氏の条件」にもなりつつある。シンガポールでは、男性は頭が良くて、格好よくて、それからお金がないとダメなんだって!あぁ〜めんどくさいね〜!

女性が投稿した話題の記事はこちら: https://www.facebook.com/nusconfessions/posts/540863029323332

Advertisements