シンガポールに帰国してちょうど1週間が経ちました。

そして、日本に戻るまであと2日ぐらいしかない。

シンガポールにいる家族と友達と別れるのが寂しい反面、日本の生活と友達も少し恋しくなってきたところで、矛盾だらけの気持ちになっちゃいました。一番仲のいい中学校の友達とは1年半ぶりに会って、いつもの冗談とネタを言いながら騒いでたり、いつものビリヤードをやったり、いつものメンツで昔よくしていたことをするだけで、こんなに幸せになれるんだと、つくづくと感じていた。

そして、高校時代、一緒に日本語を勉強していた仲間たちと久々に集まった↓

 

初めて日本語の勉強を始めた仲間、初めて日本に来たとき同行していた仲間、それから、一緒に日本の文化に惹かれた仲間。高校時代といえば、日本語のクラスが一番楽しかったし、毎日楽しみにしていたものだった。

振り返ってみれば、日本語の勉強を始めてからもう12年、初めて日本に行ってからもう10年が経ちました。あのときはみんながいたからこそ、ここまで来られたと思います。

日本語のクラスときたら、笑い声が絶えず、馬鹿なことをしょっちゅうしていたなぁ。

高校卒業してから、男性は軍隊に、女性は大学へ進学し、みんなバラバラになったが、今となって大学も卒業して、海外の大学に行っていた友達がシンガポールに帰ってきた人もいれば、ぼくみたいに日本に残る人もいる。またこうやって集まって、高校時代の思い出話、一緒に日本に行ったときの思い出話などができるなんて想像もしなかった。

謂わば、初心を忘るべからず。

あのときの自分に力をくれた人々に感謝しつつ、これからももっともっと頑張らなきゃ行けないなと思いました。

しばらくの帰省で元気をいっぱいもらって、日本に戻ってからも精一杯頑張りたいと思います!!

Advertisements