今日はゼミの謝恩会でした。毎年恒例のゼミの先生に感謝の気持ちを伝える会、それから4年生の皆さんが無事卒業することができることをお祝いする会です。そして、ゼミの先生が実は前学期イタリアのベニス大学に半年行っていたので、半年ぶりに再会しました。

そんな大事な日を祝おうと、謝恩会をオシャンティな街:代官山の高級レストランでやることになった。

何人かで待ち合わせしてから、代官山のオシャンティスターバックスとツタヤで先生への色紙をみんなで書いていた。

先生がもともと夜の飛行機でマレーシアに行く予定があったので、謝恩会を17時半開始にしておいたけど、結局先生の予定がなくなった。17時半からの宴会なんて早すぎでしょうと思いながら、店のほうへ向かった。

9階にあるHaciendo del Cieloというめっちゃお洒落の店だった!スペイン語で空の部屋・家という意味です。店に入った瞬間になるほどってわかりました。天井がめっちゃ高くて、まさに空みたいに広くて、とてものんびりした雰囲気が漂っていた。

飲み放題でワインやカクテルをひたすら頼んで飲んでいた。しかもカクテルとはいえ、アルコールの割合が余計高くて、ちょっときつかった!出てくるメキシカン料理もどれもおいしくて、喋りながらも、思わず食べ物を手にとって足へ運んでいた。気付いたら食べ物がなくなっていた。久しぶりに会ったせいか、話すことが多くて、お互いの近況も気になっていた。先生もイタリアの大学での経験を語っては、うちらの卒業後のことを報告したりしていた。旅行会社に行く人もいれば、ブランドアパレルの会社に行く人もいる。それから、フリーターになる人もいれば(私)、大学院に進学する人もいる!だが、なんだかんだみんな東京に残るみたいだから、卒業してからもまた会える!

最後に集合写真を取って、先生にプレゼントを差し上げて、解散!早く始まったため、終わったのも早かった!翌日に面接や試験がある人は先に帰ったけど、残りの人は二次会に行った。でもさすがにいっぱい食べたから、軽くデザートを食べに、ファミレスに入った。オーストラリアに住んでいた友達のオーストラリアネタがめっちゃ面白かった!同じく英語だというのに、うちらが当たり前だと思っている英語と違ったりして、まさにワールド・イングリッシュということを実感していた。

例えば、バーベーキューのことをバービーって言うらしい。

それから、Thank youに対しては、「No problems」とか「You’re welcome」とかという普通だと思ってた回答じゃなくて、「No worries」というらしい。

一番うけたのが、Thank youを略して、Ta!というらしい・・・「ター」とか・・・何語だ!って感じですねww

卒業式まであと3週間。大学生の最後の3週間だ。

Advertisements