今日高田馬場のロータリにいたら、一人の女性がギターを弾きながら、歌い始めた。普通のストリートパフォーマーだと思いきや、彼女の横に置いてあった看板をよく読んでみたら、一人で沖縄から出発して、北海道を目指して47都道府県を1個1個回りながらストリートライブしているそうです。面白いなと思い、初めて興味を持って歌を聞き始めた。その歌手の名前は加賀屋はつみです。声はYUKIととても似てます。

ちょうど、私も卒業までに47都道府県を回るという目標はあるんだけど、それぞれの都道府県で特にやりたいことがあるわけでもなく、ただ観光したり色々見たりしているだけなのです。だからこそ、加賀屋はつみみたいに、何か目標があって色々なところに行っている人がすごいなと思った。一人でこんなことをやっているのはなおさら尊敬しちゃいます。是非応援したい、話してみたいと思い、CDを買っちゃいました。

千葉県出身の加賀屋はつみはサポートしてもらっている会社・マネージャさんとはある約束で、47都道府県の中で1県にあたりCDを100枚売って、全部で4700枚売れたら、メジャーデビューが決定するとか。大変っちゃ大変だけど、楽観的に考えれば、頑張って路上で売るまで歌ってしまえば、メジャーデビューという夢が叶うのだ。夕方19時の高田馬場ロータリーには人がいたけれども、大半の人が前を通って行っただけ。なのに彼女はずっと夢中になって歌っていた。こうやって夢に向かって頑張っている彼女がとてもきらきらしていた。

CDにもちゃんとサインしてくれました!嬉しい~北海道まで頑張ってください!!また是非どこかで会いたいです!

Advertisements