3月30日

日刊スポーツの澤野さんのおかげで、プロジェクトYUMEの二日目に日刊スポーツに載っちゃいました。

午後に初めての小学校を訪問した。もちろん馬場先生のご紹介で。窪町小学校の山西先生とお話しをしたら、学校始まったら子供たちに描かせますよと話に載ってくださった。

3月31日

朝に馬場先生の奥様の保育園に行った。5・6歳の子供たちは可愛くて可愛くて・・・たまらなかった!二日前に馬場先生の自宅に行ったときに、奥様に頼んであったので、今日は子供たちが描いてくれた絵を取りに行くだけだった。もちろんそれだけじゃ物足りないので、少し遊んだりお話をしたりした。実は明日5・6歳の子供たちは明日から小学校に入るので、今日がみんなが集まる最後の日だった。まだ実感が湧いてきていないせいか、みんなはまだ笑顔ではしゃいでいたが、お別れの時間になると、きっと涙が出てくるだろう。

5・6歳の子供たちと30分ぐらい遊んだら、保育園を回ってしんあい保育園とお別れした。今回の旅で初めて子供たちと触れあえたのでとても嬉しかった。子供たちってやっぱり可愛いんだなと改めて思った。

そのあと早速馬場先生ともう一軒の小学校の教諭とお会いして同じようなお話しをした。野村教諭もとても喜んで助けてもらえそうだった。

プロジェクトYUMEはまだまだ始まったばかりで、これからが本格的になるだろう。不安なところもいっぱいあるし、まだ成功するかどうかもわからないので、皆さん是非応援よろしくお願いいたします。私たちはただ自分ができることをやりたいだけです。

「世界の人々をすべて救うことはできませんが、救える人には救わなければなりません」ピーター・ドロー

Advertisements