企画者2名で、東京都と被災地の宮城県の小学校や幼稚園をまわりながら、日本の子供たちに自分たちの夢と希望を描いた絵、また被災者や日本へのメッセージを書いてもらう。日本の子供たちから集めた絵とメッセージを一冊の本にまとめ、シンガポールや東南アジアの諸国で出版する。集まったお金を被災地の再建に寄付する。また、集まった絵とメッセージをシンガポールと日本で展示する。

このプロジェクトを通して叶えたいこと:

まず、本を出版・販売することでその売り上げを義援金にあて、第一に被災地の復興に貢献すること。

そして、本の一枚一枚の絵を描いた日本の子供たちが、自らの手で自分の国を変え救っていくこと。日本の子供たちが自分たちの力で、シンガポールや東南アジアの人々を感動させ、刺激を与え、最終的に自分の国の再建に繋げていくこと。

 

 

Advertisements