去年の12月に初めて韓国に来たが、2回目の韓国はこんなに早く来るとは予想もできなかった。世の中は色々予想できないものだね。日本で起きた史上最大の地震、それからそれに相次いで起きた津波と原子発電所の問題などなど、これらもきっと誰も予想しなかっただろう。

3月末に東京に尋ねに来る友達は、東京が今直面しているガソリンや食料不足の問題とか原発問題による放射線の危険とかの原因で、東京に行けなくなったので、その代わりに私がシンガポールに帰る前に韓国に寄って友達に会って帰ろうと思った。でも、正直、今韓国に来ても、日本の問題で頭がいっぱいになって心から楽しむことはできない。日本の現状を少しでも回復させるには、私たちに何ができるか、友達と色々相談したが、やっぱり私たち学生としての役割は非常に小さくて力も限られていることに気づいて少しだけへこんでしまった。

まあ、一応シンガポールに帰ったら、色々な慈善機関に問い合わせして、何か寄付活動ができたらいいなと思っています。

ちなみに、今韓国のジムジルバンという、とても特別な宿泊に泊まっている。説明するのはかなり難しいのだが、敢えて比べるなら、日本のキャプセルホテルみたいな感じだけど、サウナ、パソコン室、マッサージ、ネイルアート、食堂、ゲームセンターなどなどの施設が整っている。日本のキャプセルホテルと違って、ジムジルバンは男女を問わず、老若男女がともに暮らすところだ。寝るところもキャプセルではなくて、軍隊の寮みたいな感じで、2段ベッドがずらっと並んでいる。

インターネットで調べてみればジムジルバンについて色々情報は手に入ると思う。韓国に来る予定の友達は是非一度ジムジルバンに泊まってみてはいかがでしょうか?

最後に、大学の新学期が延期になってとても寂しいけど、それより日本が一刻も早く回復できますように、シンガポールから祈っています。また日本に戻って笑顔で友達と会えたらいいと思います。

Advertisements