本題に入る前に、日本サッカー代表本当によくできました!!!!一人でハブで見たんだけど、周りがすっごい盛り上がっていて自分も友達と来ればよかったなと悔しがってたけど、みんなが酔っ払って大騒ぎを見るだけでも、十分楽しかった。それより、試合自体もとても面白かった。日本代表戦見ていつも思うのだが、キーパーの川嶋は本当に神だな!本当にワールドクラスのキーパーだと確信しました。

それでは、最近の一連のことを話そう。

先週の木曜日に友達のダンスのパフォーマンスを見に行ってきました。れいなとは大学1年生から知り合ったのに、彼女のパフォーマンスには残念ながら毎回行けなくて、今回初めて見ました。れいなはちっちゃい頃からダンスを始めたみたいで、普段はシャイで無口な彼女が踊りだすと、表現力が倍増して、言葉では伝わらない色々なことが伝えられる気がした。

やはりコミュニケーション、または表現、というのは言葉だけじゃなく、ダンスなどという媒体があるというのは本当だったんですね。前の「音楽の力」という記事にも書いたけど、音楽を聴いたり、こういうダンスのパフォーマンスやミュージカルを見たりすると、すごい刺激を受けるんだ。今回見たパフォーマンスはミュージカルだったんだけど、内容は結構深いし、芸術的だったので、最初は何を伝えたいのかわかりにくかった。

でも、そのパフォーマンスを見るにつれて、なぜわかりにくかったか、目から鱗が落ちたかのように急に悟った。私は常に論理的な視点から物ごとを見るし、なんでもかんでも科学的・数学的に分析しがちなのである。そのパフォーマンスはあくまでも芸術的なもので、論理的に分析用としても、おそらく何の結論にもつかないと思う。なんでこのシーンでこの人はこういうことをしたか、なんでこの人はこういうセリフを言うのか、こういうことはいちいち考えてしまうと、全体的なイメージがつかめなくなる。だから、私は最初パフォーマンスの意味がちんぷんかんぷんで、とても混乱してた。細かく考えすぎると、その芸術品が伝えたいメッセージが見えなくなる。やっぱり論理的に考えることは色々な勉強には大事だけど、たまにこういう芸術に触れて視野を広げなきゃいけないんだね。

そして、今日はたくさんの新しい人に会ったとても充実した一日だった。今日朝から学校に行って、まりなというマイルストーンの編集部の人と会って、次のマイルストーンには留学生のコラムを作るという企画を立てているということで、色々お話しを聞かせてもらった。それから、まりなの繋がりで、不動産・飲食店経営・番組製作を同時に営んでる、堀池さんという多才な人に紹介してもらった。堀池さんに、私が今書いている本について話したら、色々アドバイスもくださった。こういう偉い人に会うと、絶対がっかりさせない・あなたには負けない!と自分の中のモチベーションもすごい上がる。

夜には、最近見つかったアルバイトの店長の松本さんと新しいアルバイトのスタッフ5人と顔合わせをした。店長を含めて誰も個性が強くてとても面白かった。大阪生まれ育ちのアニメオタク、長崎生まれ育ちで4年間シンガポール国立大学で勉強したピアニスト、台湾人のバーテンダー、シンガポール国立大学からダブルディグリーで早稲田で交換留学中の男、それから私です。

お店の方針なども普通な日本の飲食店と全く違うらしくて、形式ばったやり方ではなく、楽しく接客しよう・お客様を喜ばせようというのが目標みたいなんだ。覚えなきゃいけないことがいっぱいあって、最初は失敗だらけだと思うけど、慣れてくるときっと楽しくなるだろう!お客様の中にも芸能人や有名な人がいっぱいいるらしいので、そっちもすごい楽しみにしています!

春休みはいよいよ始まります!早速ですが、来週から北陸に行きます!

Advertisements