明日はクリスマスです。日本では第二のバレンタインデーだといっても過言ではないぐらい、キリストの誕生というより、カップルの誕生をお祝いする特別な一日なんですね。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?日本のクリスマスといったら、教会とかサンタークローズなんかよりも、イルミネーションとかその生き生きとしたクリスマスの雰囲気が最初に頭に思い浮かぶでしょう。

この時期になると、日本全国は多様多彩なイルミネーションで彩られる。まるで町中で歩いている主役のカップルたちにスポットライトを当てるかのように、イルミネーションがいたるところで飾られている。樹木の枝からまっすぐ垂れてくる雫のようなイルミネーションに落ち着く一方、壁に貼られたがむしゃらに色が変わっていくイルミネーションで胸の鼓動が高まる、どうも矛盾した気持ちが胸でぶつかり合う。イルミネーションをじっと見ると何かあやふやなイメージが目の先に現れては消えそうになる。虚無な世界に忍び込みそうになっては、街中で流れてくるクリスマスソングに現実に取り戻される。二人でいると、イルミネーションはただの飾りものだが、一人でいると、イルミネーションが唯一の慰めであり、この残酷な現実から逃げだしそうと、目の前で輝いている光に助けを求める。じっと見ると目がちかちかして、虚実の境界線で漂って迷いそうになる。

クリスマスに、あなたは何をするのでしょうか?クリスマスの主役になってスポットライトに当たるのか、クリスマスの観客になって嫉妬心を堪えながら羨ましがるのか、それとも現実逃避しようと、アルバイトに没頭したり、家でテレビを見たりするのか?

Advertisements